スキルアップ 人間関係

冗談が通じない人との付き合い方!大切なのは相手を知ろうとすること

投稿日:2019-09-16 更新日:

Pocket

冗談のつもりで言ったことを本気にされてしまった。

軽いジョークのつもりで言ったことで相手を怒らせてしまった。

 

また、反対に『冗談の通じないやつだな』と言われたという方もいらっしゃいます。

 

冗談を言うのが大好きな人もいれば、冗談を言うのも言われるのも得意でない人もいます。

冗談が得意でない人と冗談が好きな人が関わっていくのはなかなか難しいですよね^^;

 

では、冗談が通じない人と冗談を言いたい人はどう言う付き合い方をすれば良いのでしょうか?

 

そもそも、冗談が通じないのは悪いことなのでしょうか?

冗談が通じないのは悪いこと?

他人から言われた一言に傷ついてしまい、冗談と分かっていても悲しくなってしまう人はいます。

また、冗談を本気で受け止めると『冗談の通じない人だ』と思われてしまいます。

 

しかし、それは決して悪いことではないのです。

 

冗談と一口に言ってもお笑いのボケのようなことや相手のコンプレックスをいじることなど様々です。

冗談は場を和ませることもできますが、一つ間違えれば相手を傷つけてしまいます。

また、同じ内容の冗談でも声のトーンや言い方、誰が言うかなどで大きく変わってきます。

 

しかし、相手のコンプレックスや相手が大切にしていることを侮辱することは例え冗談で言ったつもりでも、本気で相手を怒らせてしまいます。

そこで大切なのはお互いに相手の価値観を知ろうとすることです。

相手の価値観を知って受け入れる!

私達は学校や職場、家庭内など色々な場面で冗談を言う(言われる)場面に遭遇します。

そこで出会う人達は同じ日本に住んでいたとしても、全く違う環境で育ってきています。

 

極端に言えば、オリンピック選手に育てられた子供もいれば漫画家に育てられた子供もいます。

すごく真面目な会社員に育てられた子もいるでしょう。

また、同じ兄弟や家族でも全く同じ環境では生きていません。

 

それぞれ違う環境で育ち、違う考え方や価値観を持っているのです。

つまり、冗談に対する考え方も人それぞれです。

 

小さい時からお笑い番組ばかりをみてきた子は、人を笑わせることが大好きで笑いの為なら何でもできると言う人もいます。

 

反対に小さい頃から勉強に全力で打ち込んできたという人はあまり冗談を言わない(言われたくない)可能性もあります。

 

つまり、冗談が通じない人や冗談が苦手な人がいても何らおかしくはないのです。

また、笑いのツボもそれぞれ違いますので、自分は面白いと思って言った冗談が相手にとっては不快に感じることもあります。

 

ですので、冗談の通じない人には冗談を一切言わないようにしましょう!と言いたいのではなく、それぞれの価値観を知ろうとして欲しいのです。

 

この人はどんなことが好きで、どんなことだったら笑うのだろうかと。

 

「あいつは冗談が通じないやつだ」と離れていくのではなく、この冗談は気に触るのかな?と考えてみたり、ドラマの話なら好きなのかな?等、とにかく相手に興味を持つことが大切です。

 

また、冗談と分かっていても本気にしてしまうと言う人は、相手の発言をストレートに受け止めないで、冗談を言った人の背景を想像してみましょう。

 

この人は芸人さんの真似をして冗談を言っているのではないか?

色々な人にちょっかいをかけて、ただ不器用な絡み方しかできない人ではないか?

など色々と考えてみると少し見え方が変わってきます。

 

大切なのは一歩引いた視点で相手を見てみることです。

すると、つまらない冗談も可愛らくしく思えてくるかもしれませんよ!

 

 

ところで、冗談が好きな人も苦手な人も面白い冗談を言えるようになりたいなら、冗談のプロから学ぶことをオススメします。

特に、冗談を言って(言われて)空気が悪くなる人はプロから技を習得しましょう!

 

冗談のプロから学ぼう!

世の中には冗談を言って人を笑わせるプロの方がいます。

代表的なのが明石家さんまさんです。

 

以前、「さんまの東大方程式」と言う番組で、あまり冗談が得意でない東大生もいる中、バンバンと冗談を言って周りを笑わせていました。

それも、おそらくですが誰も傷つけないように。

 

もちろん、さんまさんは超一流のプロですので簡単には真似できませんが、冗談が面白くなる為に研究してみるのも面白いと思います。

もちろん、失敗はたくさんすると思います。

ですが、それでも冗談が上手くなった方が楽しい会話ができるようになると思います。

 

楽しい会話ができるようになれば、職場や学校などの関係が良くなりもっと楽しい生活を送れることと思います。

 

最後に

冗談が通じない人は空気を悪くすると言う人がいますが、私は冗談を真に受けてしまう人だけが悪いのではないと思います。

 

冗談を言った方も言われた方も、相手のことを知れていなかったのです。

もし、そう言う場面があれば自分なりに相手のことを知ろうとしてみて下さい。

 

そして、相手の価値観を知って受け止めることで、お互いに良いところも悪いところも分かち合えると思います。

あとは、相手の笑いのツボが分かれば全力で笑わせにいきましょう(笑)

-スキルアップ, 人間関係

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

心にぽっかりと穴が開いてしまった…心の穴を埋めるには?

大切な人との別れ。信頼していた人の裏切り。孤独感。 突然の出来事で心にぽっかりと大きな穴が開いてしまったという気持ちになることがあります。   大切な人の死や失恋、孤独感を感じている人も虚無 …

努力は報われないと嘆くのはただの嫉妬心!あなたが勝つためには…

努力したのに報われなかった。今までやってきた努力が全て無駄になってしまった。 と落ち込んでしまう方は多いです。   誰よりも頑張ってきたはずなのに…。 努力しても無駄なら、頑張らない方が良い …

孤独の恐怖が急にやってくる!原因や改善方法は?

急に孤独の恐怖感に襲われたり、不安になってしまうことはあります。 周りに親しい人や頼れる人がいなくて本当に孤独の人もいれば、周りに友人や恋人がいるのにも関わらず孤独の恐怖感に襲われる人がいます。 &n …

勉強しても結果が出ない人が陥りやすい3つの原因!

毎晩、毎晩遅くまで勉強しているのに成績が上がらない。結果が出ない。 自分は勉強向きではないんだ。 と思い込んでいたりしませんか?   確かに、勉強してすぐに成果が上がる人と長時間勉強している …

勉強のやる気が出ないのはなぜ?やる気が出ない5つの原因!

「勉強しないといけない!」 そう分かっていてもなかなかやる気が起こらず、だらだらと時間を過ごしてしまう。 そんな時ってありませんか?   僕も受験生時代、進学校に通っている友達が毎朝バスで英 …

プロフィール

はじめまして!このブログの管理人カイオウです。

1999年生まれの20歳。

 

大学受験に失敗したことをきっかけに、大学へ行く意味を考える。

最終的には将来安定した職業に就く為だと気づき、高い学費を払ってまで大学に行く意味はないと考える。

 

そして、ブログで稼げるという情報を知り、ブログを開設。

 

しかし、1年半かけて5000円程しか稼げず。

 

本当にブログで稼げるのか、ブログをする意味はあるのかを考える。

 

そして、考えてばかりであまり行動していなかったことに気づく。

大学受験の時もあまり勉強していなかったし、ブログの記事も90記事くらいしか書いてない。

 

このままじゃいかん!と、もう一度ブログを再開。

今度はブログで月100万円稼ぐという目標を立てもう一度やり直すことを決意。

 

“ACTION IS BEST”

 

この記事のタイトル通り、とにかく行動を最優先して月100万円を稼ぐ為に動きます。

 

気になったことや勉強したこと、チャレンジしたことなど何でもネタにしていきますので、応援してもらえると嬉しいですm(__)m